東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

香港・九竜 23万人デモ 破壊行為後初、警官隊が強制排除

7日、香港・九竜地区で、「逃亡犯条例」改正案の完全撤回などを求めてデモ行進する人たち=共同

写真

 【上海=浅井正智】香港から犯罪容疑者の中国本土への移送を可能にする「逃亡犯条例」改正に反対する市民が七日、香港・九竜(クーロン)半島でデモを行い、二十三万人(主催者発表)が改正案の完全撤回と林鄭月娥(りんていげつが)行政長官の辞任を求めた。デモ自体は平穏に行われたが、終了後にデモ隊の一部が別の地区に集結。同日深夜になって警官隊に強制排除された。多数が拘束されたもようだ。

 デモ隊の一部が一日に立法会(議会)に突入、破壊行為を働いて以降、初めてのデモ。政府庁舎や立法会がある香港島ではなく、対岸の九竜半島側の繁華街・尖沙咀(チムサチョイ)から西九竜駅までを行進した。参加者は「暴政必亡(暴政は必ず滅びる)」などと書かれたプラカードを手に、あらためて政府に方針転換を要求した。

 当局は破壊活動を警戒し約二千人の警官を配備。行進を終えた参加者にその場にとどまらず、すぐ解散するよう求めた。警察発表の参加者は五万六千人。

 デモ隊は午後九時(日本時間同十時)前には解散したが、その後、一部が北の方向に移動し、旺角(モンコック)地区に集結。警官隊が隊列を組み、それ以上の前進を阻止した。午後十一時前になり、盾と警棒を手にした警官隊が強制排除に乗り出した。

 民主派団体が主催したこれまでのデモとは異なり、市民がネット上で呼び掛けた。中国人観光客が多い地区で、旅行者に逃亡犯条例問題を知ってもらい、中国本土での関心拡大につなげるのも狙いの一つだった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報