東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「国境より先にホワイトハウスに壁」 米メディア皮肉 フェンス高さ2倍に

フェンスに囲まれた米首都ワシントンのホワイトハウス=4日(UPI・共同)

写真

 【ワシントン=共同】トランプ米大統領の公邸兼職場である首都ワシントンのホワイトハウスで、敷地を取り囲むフェンスの改修工事が始まった。フェンスは現在の高さ約二メートルから約四メートルとなり、より強固な鋼鉄製のものに置き換えられる。

 トランプ氏は前回大統領選の公約に不法移民の流入を食い止めるためメキシコ国境への壁建設を掲げたが、議会の反対などで思うように進んでいない。国境の壁より先にホワイトハウスで新たな「壁」の建設を進めていると米メディアは皮肉った。

 新たなフェンスは、よじ登ったり侵入したりする者を探知する機能が設けられ、安全対策が強化される。改修計画は二〇一四年に持ち上がり、今月八日に始まった工事は二一年まで続く見通しという。

 ホワイトハウス初のフェンスは第三代ジェファーソン大統領時代の一八〇三年に完成した木製のものだった。その後、石や鉄を使ったフェンスに置き換えられてきたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報