東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

韓国「不正輸出156件」 戦略物資摘発 適正管理強調か

 【ソウル=中村彰宏】韓国の産業通商資源省は十日、武器製造に転用可能な戦略物資の違法輸出を摘発した事例が、二〇一五年から一九年三月までに百五十六件あったと発表した。日本が輸出規制強化の対象にした日本産のフッ化水素は含まれておらず、輸出は適切に管理されていると強調する狙いがありそうだ。一方、韓国の野党議員は十一日、日本の資料を基に、過去に日本から戦略物資が北朝鮮に違法輸出されたと指摘し、輸出規制に反発した。

 同省の資料によると、北朝鮮と関係の深いシリアやイランへの違法輸出も摘発されている。イランには化学兵器の原料になるフッ化ナトリウムなどが一七年十二月と一九年一月に、シリアには生物兵器の製造に転用できる実験装置「生物安全キャビネット」が一八年三月に輸出されていた。フッ化水素については日本産以外が、ベトナムやアラブ首長国連邦(UAE)に違法に輸出された。

 同省の朴泰晟(パクテソン)貿易投資室長は十一日、会見で「摘発件数が多いという理由で、輸出管理制度の実効性を疑うことは、摘発件数が多い米国の管理制度を信頼できないと主張するのと変わらない」と指摘。日本産のフッ化水素が北朝鮮に流出したとの疑惑を「いかなる証拠もない」と改めて否定した。

 一方、野党「正しい未来党」の河泰慶(ハテギョン)氏は、安全保障貿易情報センターが出している「不正輸出事件の概要」を引用し、日本から北朝鮮への違法輸出が一九九六年から〇三年まで三十件以上摘発され、戦略物資も含まれていたと説明。河氏は「理不尽な主張を続ければ、かえって日本が国際社会で孤立することになる」と述べ、輸出規制の撤回を求めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報