東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

英「イランが航路妨害」 ホルムズ海峡付近 革命防衛隊は否定

 【ロンドン=藤沢有哉、カイロ=奥田哲平】中東のホルムズ海峡付近で十日、イランの船舶三隻が英国の石油タンカーの航路妨害を試み、護衛していた英海軍フリゲート艦の警告で退去した。英政府が発表した。米CNNテレビ(電子版)は米政府当局者の話として、イランの精鋭軍事組織「革命防衛隊」が拿捕(だほ)を企てたと伝えており、英国によるイランの石油タンカー拿捕に対する報復を狙った可能性がある。

 欧米とイランの緊張がさらに高まるのは必至。米軍は、ホルムズ海峡などで海上交通路(シーレーン)の安全、自由を確保するために、同盟国などとの有志連合の結成を目指しており、動きの加速につながる可能性がある。

 一方、イラン革命防衛隊は十一日、「過去二十四時間に英国を含む外国船と出くわしてはいない」と否定した。

 米CNNテレビによると、英タンカーはペルシャ湾からホルムズ海峡へ航行していたが、革命防衛隊の小型船五隻に、針路を変えてイラン領海に停泊するよう命じられた。タンカーを後方で護衛していた英海軍フリゲート艦が船に機銃を向けた上で警告を発したという。

 十一日の英政府の発表では、イランの船舶三隻が航路妨害を試み、フリゲート艦が英タンカーとの間に割って入ったと説明。その上で「イランの行動は国際法に違反している。引き続き、イラン政府に地域の緊張緩和を求める」と強調した。

 欧米とイランは、米国の経済制裁やイランによる核合意の一部不履行で関係が悪化。四日には、イベリア半島南端の英領ジブラルタル沖で、欧州連合(EU)の制裁に違反した疑いがあるとして、イランの石油タンカーを英海兵隊などが拿捕。イランは即時解放を繰り返し求め、ロウハニ大統領は十日に「危険な状況を招いたのは英国。その結果を後で理解することになるだろう」とけん制していた。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報