東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ウクライナ大統領とプーチン氏 紛争収束へ初電話会談

 【モスクワ=栗田晃】ロシアのプーチン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領は十一日、初の電話協議を行い、ウクライナ東部紛争の収束に向けて意見交換した。両首脳のやりとり自体も四月の大統領選でゼレンスキー氏が当選して以来、初めて。

 ロシア大統領府によると、電話協議はウクライナ側からの提案で行われた。五月に大統領に就任したゼレンスキー氏は、創設した政党を率いて臨む最高会議(議会)の選挙を二十一日に控えており、外交力をアピールする狙いもあったとみられる。

 ウクライナメディアによると、ゼレンスキー氏は最優先課題として、ロシアが併合したウクライナ南部クリミア半島周辺で、昨年十一月に拿捕(だほ)されたウクライナ船の乗組員の解放をプーチン氏に求めた。

 政府軍と親ロシア派が戦闘を続けるウクライナ東部紛争の停戦に向け、十二日にはロシア、ウクライナに独仏を加えた四カ国の高官らによる協議がパリで行われる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報