東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

世界各地で異常気象 北極圏、高温と乾燥 米やバングラは洪水被害

 【ジュネーブ=共同】世界気象機関(WMO)は十二日、六月以降、ロシア・シベリアなどの北極圏で記録的高温となり山火事が多発、一方で米国やバングラデシュでは洪水となるなど世界各地で異常気象が相次いでいると発表した。欧州やインドなども熱波に襲われており、WMOは「地球温暖化による高温や降水パターンの変化が、山火事増加や夏の長期化をもたらしている」と分析している。

 日本でも毎年のように豪雨被害が起きており、引き続き警戒が必要だ。

 WMOによると、地中海から北極圏まで異例の高温と乾燥状態となっており、シベリアでは六月の平均気温が一九八一年から二〇一〇年の平均より約一〇度高かった。米アラスカ州でも観測史上、二番目に暑い六月となり、七月四日には三二度を記録した。フランス南部でも六月二十八日、同国本土の観測史上最高となる四五・九度に達した。

 高温の影響もあり、北極圏では六月初めから大規模な山火事が百件以上発生。六月だけで五千万トンの二酸化炭素(CO2)を排出、スウェーデンの年間排出量とほぼ同じとなった。北半球では五〜十月の山火事はよくあるが、これほどの高緯度で発生し規模の大きな山火事は異例だとしている。

 一方、米国では春ごろから全国的に降水量が多く、中西部や南部などが洪水被害に見舞われ死者も出た。バングラデシュでは今月上旬からモンスーンによる大雨で洪水となり、ミャンマーから逃れてきたイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民キャンプも被災した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報