東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

劉暁波氏 没後2年 香港・九竜で追悼集会

13日、香港で、劉暁波氏の追悼集会でろうそくを手にする人たち=共同

写真

 【上海=浅井正智】中国の民主運動家で二〇一〇年にノーベル平和賞を受賞した劉暁波(りゅうぎょうは)氏が死去して二年となる十三日、香港・九竜(クーロン)半島の広場で民主派団体主催の追悼集会が開かれ、参列者はろうそくを手に黙とうをささげた。

 香港メディアによると、妻の劉霞(りゅうか)さんが滞在するドイツのケルン大聖堂でも集会を開催。劉霞さんは精神的に不安定で出席しない意向を事前に伝えたという。劉霞さんは昨年七月にドイツに出国したが、中国当局は追悼の動きが広がるのを警戒、民主活動家に対して厳しい監視を続けている。

 劉暁波氏は中国の民主化を求める「〇八憲章」を起草、国家政権転覆扇動罪で拘束され、懲役十一年の刑が確定。一七年七月十三日、遼寧省瀋陽市内の病院で死去した。末期がんになるまで獄中に放置されており、事実上の獄中死だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報