東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

台湾最大野党 韓高雄市長が総統候補内定 鴻海の郭氏ら破る

15日、台北で、国民党の総統選候補に決まり会見する韓国瑜高雄市長=迫田勝敏撮影

写真

 【台北=迫田勝敏】台湾の最大野党国民党は十五日、来年一月の総統選の公認候補に向けて実施した党内予備選の結果を発表、韓国瑜(かんこくゆ)高雄市長(62)が勝利した。予備選には韓氏はじめ家電のシャープなどを傘下に置く鴻海(ホンハイ)精密工業グループの郭台銘(かくたいめい)氏(68)ら五人が立候補。最終的に電話による世論調査で勝敗を決し、韓氏が支持率44・8%で27・7%の郭氏らに大差をつけた。同党は二十八日に党大会を開き、韓氏を公認候補に正式決定する。

 与党民進党はすでに現職の蔡英文(さいえいぶん)総統(62)が再選を目指すことを決めており、これで二大政党の候補者が出そろう。敗れた郭氏が国民党を離党して無所属で立候補するとの観測が出ているほか、柯文哲(かぶんてつ)台北市長(59)も出馬の可能性も一部で指摘されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報