東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

非白人議員にも「国に帰れ」 トランプ氏が人種差別

 【ワシントン=岩田仲弘、ニューヨーク=赤川肇】トランプ米大統領は十五日、ホワイトハウスで記者団に、政権の移民政策に強く反発するプエルトリコ系のオカシオコルテス氏ら、民主党の非白人の女性下院議員らに対し「米国が嫌いなら国を出て行っても構わない。彼女らは間違いなく社会主義者だ」と述べた。連邦議員に対する差別的な発言に民主党などから批判が噴出。十四日には、自ら予告していた移民・税関捜査局(ICE)による不法移民の一斉摘発に乗り出し、排外的な主張、政策がますます先鋭化している。

 トランプ氏が攻撃したのは、オカシオコルテス氏に加え、ソマリア生まれのイルハン・オマル氏、パレスチナ系のラシダ・トレイブ氏、黒人のアヤナ・プレスリー氏ら四人。いずれも昨年の中間選挙で当選した新人で急進的な主張で知られる。

 オマル氏以外は米国生まれだが、トランプ氏は十四日にもツイッターで、事実誤認に基づき「政府が完全に壊滅し、世界で最も腐りきった無能な国から来ているのに、世界で最も偉大で強力な米国をばかにしている」と批判。「国に帰って、犯罪がはびこる全壊した国家を立て直したらどうか」と書き込んだ。

 急進左派のオカシオコルテス氏らは、中道寄りのペロシ下院議長としばしば衝突しているが、ペロシ氏は十五日、トランプ氏のツイートを非難する決議を採択する方針を表明した。

 四人は同日、抗議の会見を開き、オマル氏は「トランプ氏の人種差別的な攻撃で、まさに白人至上主義者が意図しているものだ」と主張。トレイブ氏はペロシ氏ら下院指導部に「今こそ、無法者の大統領の弾劾を決議すべきだ」と求めた。

 トランプ氏は十五日、不法移民の一斉摘発について「非常にうまくいった」と述べた。ただ、米主要メディアは、対象とみられていた主要十都市で「大規模な摘発の動きはみられなかった」(AP通信)と伝えている。

 トランプ氏は十五日、報道陣の「(一斉摘発は)脅しだったのか」との質問に「日曜に多数が連行された。君たちが分からなかっただけだ」と強調。具体的な事実は明らかにせず、「日曜より何日も前から(摘発は)始まっていた」とも述べた。

 トランプ氏は十二日、ICEが十四日から一斉摘発を実施し「何千人も国に送り返す」と話していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報