東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米軍、イラン無人機破壊 ホルムズ海峡「艦船に接近、脅威」

 【ワシントン=金杉貴雄、ニューヨーク=赤川肇】トランプ米大統領は十八日、イラン沖のホルムズ海峡で、強襲揚陸艦ボクサーが接近してきたイランの無人機を破壊したと明らかにした。再三の警告を無視して千ヤード(約九百メートル)にまで近づいたため、自衛措置を取ったとしている。米国とイランの緊張がさらに高まる恐れがある。

 CNNテレビなどは、軍当局者の話として無人機は電波妨害によって破壊されたと伝えた。国防総省によると、現地時間の十八日午前十時ごろ、ホルムズ海峡の公海上だったという。

 トランプ氏はホワイトハウスの会合で「艦船と人員に脅威を与えていたので即座に破壊した。公海上の船に対するイランによる多くの挑発、敵対的行為の最新のものだ。米国は人員、施設、権益を守る権利を持っている」と強調した。

 イランは六月、領空侵犯したとして米国の無人偵察機を撃墜。トランプ氏は報復攻撃を一時命令したが、直前で中止した。ホルムズ海峡周辺では日本などのタンカーが攻撃され、米国がイランによるものだと主張する事件も相次いでいる。

 イランのザリフ外相は十八日、「われわれは無人機を失ったとの情報を持ち合わせていない」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報