東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中国、米農産物追加購入へ 国営メディア報道 貿易交渉譲歩か

 【北京=中沢穣】中国国営メディアは二十一日夜、複数の中国企業が、米国の農産物を新たに購入する意向を示したと一斉に伝えた。米中貿易摩擦は六月末、習近平国家主席とトランプ米大統領の大阪の首脳会談で一時休戦に合意後、足踏み状態が続いていたが、中国側が譲歩した形だ。

 新華社によると、複数の中国企業が国内の需要に基づき、米側に農産物の購入を打診。中国政府に、米国製品に対する追加関税の適用を除外するように申請、政府が審査することになる。

 報道は「中国の関係部門は、米国も中国と足並みをそろえ、約束を果たすように希望している」とも伝えた。大阪での会談後、トランプ氏が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への規制を撤廃すると表明したことが念頭にある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報