東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

韓国、ロ軍機に警告射撃 竹島、中ロ合同訓練か

 【ソウル=境田未緒】韓国軍合同参謀本部は二十三日、ロシア軍機が「領空侵犯」したとして、韓国が領有権を主張する島根県・竹島(韓国名・独島(トクト))周辺で、警告射撃をしたと明らかにした。中国軍機も同日、韓国の防空識別圏内に入った。

 聯合ニュースは同日、韓国軍関係者の話として、中国、ロシア両軍が合同訓練をしていた可能性があると報じた。

 参謀本部によると、二十三日朝、ロシア軍機三機と中国軍機二機が韓国の防空識別圏に侵入。うちロシア軍機一機が竹島周辺に侵入したため、韓国空軍機が警告射撃をするなどした。竹島は韓国が実効支配している。

 ロシア軍機による「領空侵犯」は初めてという。韓国国防省と外務省は二十三日午後に中国、ロシア大使館関係者を呼んで抗議する予定。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報