東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

竹島上空 警告射撃360発 韓国「ロ軍機、領空侵犯」 日本政府抗議

写真

 【ソウル=境田未緒、モスクワ=栗田晃】韓国軍合同参謀本部は二十三日、韓国が領有権を主張する島根県・竹島(韓国名・独島(トクト))周辺でロシア軍機が「領空」を侵犯したとして、韓国軍機が計約三百六十発の警告射撃をしたと明らかにした。韓国政府はロシア軍機が中国軍機と共に韓国の防空識別圏に入ったとして、中ロ両国に強く抗議した。

 中国とロシア軍機は日本の防空識別圏にも入っており、自衛隊機が緊急発進(スクランブル)で対応。日本政府は竹島上空での領空侵犯について、ロシアと韓国両政府に対して外交ルートを通じて「わが国の領土での、こうした行為は受け入れられない」と厳重に抗議した。菅義偉官房長官が記者会見で明らかにした。

 これに対してロシア国防省は二十三日、「国際法に基づく飛行計画で、韓国の領空を侵犯していない」と反論。日本海と東シナ海上空で、ロシアのTU95爆撃機二機が中国H6爆撃機二機と初の「合同パトロール」を行ったと発表した。

 韓国参謀本部によると二十三日早朝、中国軍の爆撃機二機が韓国の防空識別圏に進入。離脱と進入を繰り返す途中で、ロシア軍の爆撃機二機と合流して防空識別圏に入った。その後ロシアの空中警戒管制機「A50」が防空識別圏に入り二回にわたって計七分ほど、竹島領空を侵犯したという。

 中ロ両国の軍用機が同時に韓国の防空識別圏に入ったのは初めて。

 韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)大統領府国家安保室長はロシアのパトルシェフ安全保障会議書記に「事態を非常に重くとらえており、こうした行為が繰り返された場合、はるかに強力な措置を取るだろう」と警告。韓国外務省はソウルの中国大使、ロシア大使代理を呼び領空侵犯を抗議し、再発防止を求めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報