東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

飛翔体は2発とも飛行距離600キロ 韓国

 【ソウル=中村彰宏】韓国国防省は二十六日、北朝鮮が二十五日に発射した飛翔体は、飛行距離が二発とも約六百キロだったと明らかにした。二十五日の発表では一発目が四百三十キロ、二発目は六百九十キロとしていたが、米韓で分析した結果として修正した。

 会見した国防省報道官は、飛翔体は「新型の短距離弾道ミサイル」で、一般の弾道ミサイルが描く放物線軌道と異なり、下降時に水平飛行するため飛行距離の判断に差が生じたと説明。「五月に発射した短距離ミサイルと類似している可能性に重点を置いて分析中」とし、「試験発射の段階とみている」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報