東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

韓国反発「時代錯誤」 WTOへの提訴視野

写真

 【ソウル=境田未緒】日本政府が輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を八月二日にも閣議決定する方針だと二十六日に日本メディアが伝えたことに対し、韓国では一段と反発が強まっている。

 産業通商資源省の金勝鎬(キムスンホ)・新通商秩序戦略室長は二十六日、世界貿易機関(WTO)の一般理事会が開かれていたジュネーブから帰国。仁川国際空港で記者団の質問に応じ、日本の措置を「国際関係の相互依存、互恵協力の基調にふさわしくない時代錯誤的な発想」と批判し、撤回を求めた。WTOへの提訴はいつかとの問いに「都合のいい時に。刀を研いでいる」と応じた。

 韓国政府は、ホワイト国の優遇措置は約千品目が対象となっていると試算。半導体産業の次は自動車産業が影響を受けるとみて詳細な分析を急いでいる。

 与党「共に民主党」は「日本経済侵略対策特別委員会」を設置。崔宰誠(チェジェソン)委員長は二十五日、ソウルの外国人記者クラブで会見し、日本の措置に関連して「日本に平和オリンピックを開く資格があるのか問いたい」と批判した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報