東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北の飛翔体 ロケット砲か 国営通信「新型を試射」

北朝鮮が発射したとする新型多連装ロケット砲。発射台部分をモザイク処理した写真を朝鮮中央テレビが1日放映した=共同

写真

 【ソウル=境田未緒】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は1日、新型の「大口径操縦放射砲(多連装ロケット砲)」の試射が7月31日に実施され、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が立ち会い「標的になる勢力にとっては悩みの種になるだろう」と述べたと報じた。31日朝に東部元山(ウォンサン)付近から日本海に向けて発射された2発の飛翔(ひしょう)体を指すとみられる。

 北朝鮮は5月に2回と、7月25日にロシア製の短距離弾道ミサイル「イスカンデル」と酷似した新しいミサイルを発射。韓国軍は31日に発射された飛翔体も「飛行特性が類似している」と発表していた。

 だが、北朝鮮の朝鮮中央テレビが1日に公開した写真で、発射台はモザイク処理がされているものの、25日に発射した際とは形が違ってみえる。このため300ミリ以上の大口径ロケット砲との見方が韓国の軍事専門家からも浮上した。

 韓国の情報機関、国家情報院は1日、国会で報告し「短距離弾道ミサイル」との見方を変えなかった。7月25日に北朝鮮が発射した短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体は、迎撃回避を図る飛行を実施した可能性があると説明した。

 国情院は、北朝鮮が8月にも再び、ミサイル発射する可能性があると分析。韓国が米軍との合同軍事演習や最新鋭ステルス戦闘機「F35A」の搬入を予定していることに強く反発しているほか、米朝の非核化協議の本格再開前に戦力強化を急ぐ必要があるためだと分析している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報