東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「核、歯止め失う」 国連総長が懸念

1日、米ニューヨークの国連本部で記者会見するグテレス事務総長=共同

写真

 【ニューヨーク=赤川肇】国連のグテレス事務総長は一日、米国とロシアの中距離核戦力(INF)廃棄条約が二日に失効することで「世界は核戦争の貴重な歯止めを失う」と危機感を表明し、二〇二一年に期限を迎える両国の核軍縮条約「新戦略兵器削減条約」(新START)の延長を呼び掛けた。ニューヨークの国連本部で記者会見した。

 グテレス氏はINF廃棄条約を「欧州の安定化と冷戦終結に寄与した画期的合意」と指摘。国際的軍備管理への新たな合意を速やかに探るよう訴え、交渉に必要な時間を稼ぐために新STARTの延長を促した。

 運用を見直す再検討会議を二〇年に控えた核拡散防止条約(NPT)については「核戦争回避と核兵器廃絶」が基本的な目標だと強調。核廃絶の進め方を巡り核保有国と非保有国の分断が目立つ中、NPTが引き続きこうした目標を確実に果たせるよう、全ての締約国に歩み寄りを求めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報