東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

B・ヒートリーさん死去 85歳 東京五輪男子マラソンで銀

1964年、東京五輪のマラソンで、国立競技場内で競り合うベイジル・ヒートリーさん(左)と円谷幸吉さん

写真

 【ロンドン=共同】一九六四年の東京五輪男子マラソンで銀メダルを獲得した英国のベイジル・ヒートリーさんが三日、休暇で一時滞在していた英国内の親族宅で死去した。八十五歳だった。妻ジルさんが明らかにした。死因は心不全とみられる。 

 東京五輪の男子マラソンで、二番手で競技場に戻った円谷幸吉選手をラスト二百メートル付近で抜き去り、二位でゴールした。最終盤での劇的なドラマは多くの日本人の記憶に残っている。

 円谷選手は三位となったが、陸上日本勢で戦後初の表彰台に立った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報