東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北、また飛翔体2発発射 2週間で4回 短距離弾道弾か

 【ソウル=中村彰宏】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は六日午前五時二十四分と同三十六分ごろ、南西部の黄海南道(ファンヘナムド)クァイル郡付近から飛翔(ひしょう)体二発を日本海に向けて発射した。高度約三十七キロ、飛行距離は約四百五十キロで、同本部は短距離弾道ミサイルとみている。北朝鮮による飛翔体の発射は二週間で四度目。

 北朝鮮外務省は六日、五日に始まった米韓合同軍事演習を非難する声明を発表。「度重なる警告に耳を傾けなければ、高い代価を払うことになる」と警告した。今後の非核化交渉をにらみ、「対話で解決しようとの立場に変わりはない」とした上で「軍事的敵対行為が続く限り、対話の動力は失われていく」とけん制した。

 日本政府は六日、日本の領域や排他的経済水域(EEZ)への飛来は確認していないと発表。岩屋毅防衛相は、北朝鮮による相次ぐ飛翔体の発射について「わが国にとっては重大な脅威だ」と懸念を表明。発射の狙いについて「米韓演習に反発していると思われるが引き続き分析していく」と述べた。防衛省内で記者団に語った。

 北朝鮮は、七月二十五日にロシアの「イスカンデル」と酷似した「KN23」とみられる短距離弾道ミサイルを発射。今回の飛翔体は、飛行特性がKN23と類似しているという。三十一日と八月二日に発射した飛翔体については、米韓は短距離弾道ミサイルとみているが、北朝鮮は多連装ロケット砲と主張した。

 北朝鮮が軍事演習に反発していたことから、米韓は追加の発射を警戒していた。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報