東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ファーウェイ 独自OSを開発 米制裁受け グーグルに依存せず

中国広東省東莞で開かれた華為技術の基本ソフト「鴻蒙OS」の発表会=9日(共同)

写真

 【北京=坪井千隼】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は九日、スマートフォンやタブレットを動かす基本ソフト(OS)を独自に開発したと発表した。米国の制裁を受け、ファーウェイ製品では、グーグルのOS「アンドロイド」の関連機能が使えなくなる恐れが指摘されていたが、米中対立の長期化に備えてグーグルに依存しない対応策を打ち出した。

 独自開発のOSの名称は「鴻蒙(こうもう)OS」で、英語名は「ハーモニーOS」。「鴻蒙」は「天地が分かれる前の混沌(こんとん)とした状態」を意味する。さまざまな機器が通信でつながる「モノのインターネット(IoT)」向けのOSで、スマホだけでなく、AIスピーカーなどの操作も可能になるという。ファーウェイの担当者は「アンドロイドより高速で安全性が高い」と自信を見せた。年内にも鴻蒙を搭載したディスプレー端末を発売する。

 OSは端末操作に不可欠な基本ソフト。今年五月に米トランプ政権がファーウェイへの部品の禁輸措置を打ち出したため、ファーウェイのスマホではアンドロイドの更新版や、グーグルが提供する人気アプリが使えなくなる可能性が浮上していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報