東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

原子力推進ミサイルの実験か ロで爆発、5人死亡

写真

 【モスクワ=栗田晃】ロシア国営原子力企業「ロスアトム」は十日、ロシア北部アルハンゲリスク州にある海軍実験場で八日にミサイル用の原子力エンジンの試験中に爆発事故が起き、職員五人が死亡し、三人が負傷したと発表した。インタファクス通信が伝えた。

 ロシア国防省は八日、爆発事故で二人が死亡したと発表していたが、詳細は不明だった。ロスアトムによると、海上でのエンジン試験後、「いくつかの要素」によって引火、爆発が起きて職員が海に投げ出されたという。

 実験場はアルハンゲリスク州の集落ニョノクサ近く。事故のあった近隣では八日、一時的に放射線量が基準値を超えたとの情報もあり、現場付近の海域は一カ月間、航行が禁止となった。その後、地元当局は基準値超えを否定している。

 事故を起こしたのは、プーチン大統領が昨年開発を発表した最新兵器で、距離無制限とされる原子力推進型巡航ミサイルに関する実験の際に爆発が起きたとの見方も出ている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報