東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

香港を国扱い 欧米ブランド謝罪 Tシャツ販売、中国のネットで批判

中国の短文投稿サイト「微博」に投稿された、香港(HONG KONG)が国のようにデザインされたベルサーチのTシャツ。赤字や黒丸などの書き込みは投稿者によるもの。

写真

 【北京=坪井千隼】中国で、欧米の高級ブランドが香港やマカオを国のように扱ったデザインのTシャツを販売したとして、ネット上で批判を浴び、相次いで謝罪に追い込まれた。香港のデモが続く中、中国本土のネットでは領土や主権の話題に敏感になっており、巨大市場を失いたくないブランド各社が沈静化を図るのに躍起だ。

 最初にやり玉に挙がったのは、イタリアの有名ファッションブランド「ベルサーチ」。同社のTシャツは背中に英語で、「北京−中国」「パリ−フランス」のように都市名と国名がセットで表記され、「香港−香港」「マカオ−マカオ」と両都市名が国名としても記されていた。

 SNS上などで批判が拡散し、同社のイメージキャラクターを務める中国の女優が抗議して契約解除を表明。このため、同社は十一日、中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」で「中国の領土と主権を尊重する」と謝罪声明を出した。

 米ブランド「コーチ」も、過去に香港を国扱いしたTシャツを販売したとして批判を浴び、十二日に謝罪を表明。仏ブランド「ジバンシィ」も謝罪に追い込まれた。

 また中国メディアによると、日本のスポーツメーカー「アシックス」も十二日、ホームページ上の画面操作で香港を国のように扱ったとして批判を受け、謝罪した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報