東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

香港空港デモ 一時全面欠航 日本便など きょうも300便超

12日、香港国際空港で、ロビーに座り込むデモ隊=AP・共同

写真

 【上海=浅井正智】香港から犯罪容疑者の中国への移送を可能にする「逃亡犯条例」の改正に反対する市民五千人余りが十二日、香港国際空港で抗議の座り込みを行った。空港ロビーが占拠された状態となり、午後四時(日本時間同午後五時)以降、香港に発着する便のほぼ全てが欠航となった。十三日午前に業務が再開されたが、前日の影響で、羽田空港や関西空港など日本発着便を含む三百便以上が欠航する見通しだ。

 空港での抗議行動は、十一日のデモで女性参加者が右目に重傷を負い、テレビやネットでその模様が繰り返し流れ、会員制交流サイト(SNS)で空港集結が呼び掛けられた。空港ロビーには「黒警還眼(悪徳警察、目を返せ)」というプラカードを持った人々が「警察を信用するな」と訴えた。十三日未明には大半が空港を離れたが、一部は徹夜で座り込みを続けた。

 政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官は十三日、「自由、正義のスローガンを掲げながら、破壊行為を働き、香港の法治を損なった」と、抗議運動を強く非難した。

 短文投稿サイト・微博(ウェイボ)の人民日報公式アカウントには十二日、武装警察の車両が香港に近い広東省深センに続々と集まる動画が掲載。「武装警察隊は暴乱や騒乱、重大な暴力事件に対処する」との文字が添えられた。香港での抗議行動に圧力をかける狙いがあるとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報