東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

香港空港、連日デモ 市民座り込み 400便以上欠航

13日、香港国際空港でカートを使いバリケードを作るデモ隊=ロイター・共同

写真

 【上海=浅井正智】香港から犯罪容疑者の中国への移送を可能にする「逃亡犯条例」の改正案をめぐり混乱が続く香港で十三日、改正に反対する市民が前日に続き香港国際空港で抗議の座り込みを行い、夕方以降の発着便約四百便以上が欠航するなどの影響が出た。香港唯一の空の玄関は二日連続で大混乱に陥り、その影響は外国観光客にも及んでいる。

 空港での抗議行動は、十一日のデモで女性参加者が右目に重傷を負い、テレビやネットでそのもようが繰り返し流れ、会員制交流サイト(SNS)で空港集結が呼び掛けられた。十二日は黒いシャツを着た若者たちなど市民五千人余りが集まり、「黒警還眼(悪徳警察、目を返せ)」と叫んだ。この影響で同日夕以降、香港発着便のほぼ全てが欠航となった。

 十三日午前には業務は再開されたが、午後再び抗議活動が始まり、カートなどで空港ロビー内の通路や航空会社のカウンター前をふさぎ、搭乗客のチェックインを妨害した。このため空港当局は午後四時半(日本時間同五時半)ごろ、チェックイン手続きを停止した。

 空港での抗議活動は七月二十六日に初めて実施。当初は中国本土や海外からの旅行客に主張を訴えるのが目的だった。今月十二日からは、空港機能をまひさせることが目的化している。

 林鄭月娥(りんていげつが)行政長官は十三日、「自由、正義のスローガンを掲げながら、破壊行為を働き、香港の法治を損なった」と抗議活動を強く非難した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報