東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

香港空港 通常運航に 中国政府、境界で訓練

 【香港=浅井正智】香港から犯罪容疑者の中国本土への移送を可能にする「逃亡犯条例」の改正を巡り、激しい抗議活動が行われ大量の欠航便が出た香港国際空港は、裁判所が利用者を妨害する抗議活動を禁じたことで、十五日には正常な状態に戻り、ほぼ通常運航となった。 

 空港での攻防はひとまず収束した形だが、前夜も九竜地区の商業街では警官隊とデモ隊が衝突、催涙弾が使われた。民主派団体は十八日、香港島中心部で三十万人を動員するデモ行進を計画。警察当局は十五日、デモ行進を禁じ、集会だけを許可したことから、再び無許可デモが発生し、衝突が起こる可能性がある。

 ロイター通信によると、中国広東省深センの香港との境界に近いスポーツ競技場では十五日、中国の武装警察隊員ら数百人が訓練を実施した。香港への武力介入も辞さない姿勢を示し、抗議活動をけん制する狙いがあるとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報