東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米、中距離ミサイル実験 INF条約破棄 失効後初

18日、米サンニコラス島で行われた地上発射型巡航ミサイルの発射実験=米国防総省提供、AP・共同

写真

 【ワシントン=金杉貴雄】トランプ米政権は十九日、米ロの中距離核戦力(INF)廃棄条約が今月二日に失効してから初めて、条約で禁じられてきた地上発射型の中・短距離ミサイルの発射実験を実施したと明らかにした。米メディアによると、こうした実験は一九八八年に条約が発効して以降、三十年以上行われてこなかった。

写真

 国防総省によると、ミサイルは十八日、西部カリフォルニア州サンニコラス島から移動式発射装置を使用し発射。五百キロ以上離れた標的に命中し、成功した。収集データは今後、中距離ミサイルの能力を開発するために使うとしている。

 米メディアによると、実験したのは海上発射型巡航ミサイル「トマホーク」を地上型に改良したもの。核弾頭ではなく、通常弾頭を搭載する想定だという。ロシアは、東欧に配備され、日本も導入を進める地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」からも発射可能とみて警戒している。

 米軍は条約失効後、今月中に巡航ミサイルのテストを行うとされていて、予定通り実施したことになる。十一月には射程三千〜四千キロの弾道ミサイルの発射実験も計画しているという。

 エスパー国防長官は、条約に縛られずミサイル開発を進めてきた中国に対抗するため、アジア太平洋地域の米軍基地に地上発射型中距離ミサイルを早期に配備したいとの考えを示しており、在日米軍基地が対象になる可能性もある。

 冷戦時代に調印されたINF廃棄条約は、地上発射型の射程五百〜五千五百キロの中・短距離ミサイルの保有や製造、発射実験などを禁止していた。トランプ政権は今年二月、ロシアの条約違反を理由に破棄を通告し、ロシアも義務履行の停止を表明。半年後の今月二日に失効していた。

◆失効前から「開発」 ロシアが非難

 【モスクワ=共同】米国がINF廃棄条約で規制されていた中距離ミサイルの発射実験をしたことを受け、ロシアでは十九日、米国が同条約の失効前から違反するミサイル開発を進めていたと非難し、対抗措置を求める声が上がった。

 ロシア上院国際問題委員会のジャバロフ第一副委員長は「米国は中距離ミサイルの設計、開発をずっと前から進めていた」と批判。軍事評論家のコロッチェンコ氏は米国の同ミサイルは「ロシアと中国に向けられる」として対抗措置の必要性を強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報