東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

日韓協定破棄に賛否 韓国与野党「当然」「軽率」

22日、日本と結んでいる軍事情報包括保護協定の破棄について記者会見する韓国大統領府の金有根・国家安保室第1次長=共同

写真

 【ソウル=中村彰宏】韓国政府が軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことは、韓国内では驚きを持って伝えられ、与野党やメディアからは賛否の声が上がった。

 与党「共に民主党」内では「主権国家として当然の決定だ」との声が相次ぎ、李仁栄(イイニョン)院内代表も「国益、国民の意思に基づいており、最近の日韓関係を考慮して下した決定」と破棄は当然との見方を示した。

 一方、最大野党で保守系の自由韓国党の羅卿〓(ナギョンウォン)院内代表は「結局は、国益よりも政権の利益のための決定」と批判。中道野党「正しい未来党」も「韓米日の安保協力でGSOMIAが持つ重要性を慎重に考えていない行動だ」として「軽率で感情的な対応だと憂慮される」と非難した。

 メディアでは、保守系の中央日報が、財界関係者の話として「第三国から見た時、韓国への信頼が低下し、経済への影響が出る」と報道。朝鮮日報も「外交的孤立を呼び、韓米同盟に亀裂が入る可能性がある」との専門家の見方を紹介した。

※〓は「援」の手へんを王へん

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報