東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

韓国、日本に破棄通告 軍事情報協定 米、異例の「強い失望」

 韓国政府は二十三日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄を日本政府に通告した。安倍晋三首相は「国と国との信頼関係を損なう対応が残念ながら続いている」と批判した。米政府は韓国の決定に「強い失望」を表明した。協定は十一月二十二日まで有効だが、日韓の軍事情報の直接交換は実質的に中断される見通し。歴史問題に端を発した日韓対立は、日米韓の安全保障協力に影響を与える事態になった。

 韓国外務省の趙世暎(チョセヨン)第一次官は二十三日、長嶺安政駐韓大使を同省に呼び、協定破棄を文書で通告した。長嶺氏は抗議した。

 韓国大統領府の金鉉宗(キムヒョンジョン)・国家安保室第二次長は記者会見で、日韓関係の改善に向けた韓国側の努力に対し「日本の反応は『拒否』を越え、われわれの『国家的自尊心』を傷つけるほどの無視で一貫した」と述べ、協定終了の責任は日本にあるとの見解を示した。

 米政府に対しては「日本側から反応がなければ、協定終了は不可避だと継続的に説明してきた」と強調。協定破棄によって「韓米同盟を弱体化させるのではなく、一層堅固になるよう努力していく」と語った。

 これに対し、安倍首相は韓国が元徴用工問題で日韓請求権協定に違反しているとして「国と国の約束を守るように求めたい」と官邸で記者団に述べた。岩屋毅防衛相は「失望を禁じ得ず、極めて遺憾だ。韓国に賢明な対応、再考を求めたい」と防衛省で語った。

 米国防総省は二十二日、韓国の決定に「強い懸念と失望を表明する」との声明を発表した。同盟国に対する「失望」は異例の厳しい表現。日米韓の安保分野での連携の一体性は「完全に維持しなければならない」と協定の継続を求めた。

 ポンペオ米国務長官も訪問先のカナダでの記者会見で「失望している」と語った。韓国の康京和(カンギョンファ)外相と電話で協議したことを明らかにし「日韓の情報共有が米国にとって重要なことは疑いの余地がない」と協定破棄は米国の利益に反するとの立場を示した。(上野実輝彦、ワシントン・金杉貴雄、ソウル・境田未緒)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報