東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北、また飛翔体2発 韓国の軍事情報協定破棄後

 【ソウル=中村彰宏】韓国軍合同参謀本部は二十四日、北朝鮮が同日午前六時四十五分と七時二分ごろ、東部咸鏡南道(ハムギョンナムド)の宣徳(ソンドク)付近から日本海に向けて短距離弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体二発を発射したと発表した。最大高度九十七キロ、飛行距離は約三百八十キロ。最高速度マッハ6・5以上で飛行した。北朝鮮は二十日に終了した米韓合同軍事演習などに反発して発射を繰り返し、七月二十五日以降で七度目。

 日本政府は「弾道ミサイルを発射したとみられる」と発表。日本の領域には飛来せず、排他的経済水域(EEZ)にも落下しなかった。岩屋毅防衛相は「明白な国連安全保障理事会決議違反」と批判した。

 一方、韓国が二十三日に軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄を日本に通告したばかりで、日米韓の連携に揺さぶりをかける狙いもあるとみられる。岩屋氏は「北朝鮮も地域情勢をしっかり見ているから、間隙(かんげき)を突いたということではないか」との見方を示した。

 協定破棄を巡っては、北朝鮮への対応で影響が出るとの批判が出ているが、韓国軍は「飛翔体について日本から情報共有の要請があった」としたうえ「GSOMIAはまだ有効であることから、関連情報を共有する」と明らかにした。岩屋氏も、協定破棄通告が日本政府の情報収集に影響を与えなかったとの認識を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報