東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ソユーズ、ドッキング失敗 宇宙ステーション、あす再挑戦

 【モスクワ=共同】ロシアの国営宇宙開発企業ロスコスモスは二十四日、無人の宇宙船ソユーズMS14が同日午前(日本時間同日午後)、国際宇宙ステーションとのドッキングに失敗したと明らかにした。ソユーズの装置は正常に機能しており、二十六日午前に再度試みる。

 ロスコスモスなどによると、二十二日に打ち上げられたソユーズは順調に飛行を続け、二十四日にドッキングのためステーションに接近したが、数十メートルまで近づいた時に突然停止し、後退を始めたという。当局者らは失敗の理由について「ソユーズに異常な振動が起きたため」と話している。

 宇宙当局者らはソユーズの機能が全て正常に作動していると確認し、再度ドッキングさせることを決めた。ソユーズは現在、自動操縦によりステーションと安全な距離を保ちながら軌道上を飛行しているという。

 ソユーズは、人間に似た機能を持つ同国産ロボット「フョードル」を載せている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報