東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

識字率世界最低のニジェール 脱最貧へ学ぶ場増やせ

学校に行けなかった子どもらのための代替的教育施設=ザンデール州タヌートで

写真

 生活の豊かさを示す国連の人間開発指数(HDI)が世界最悪の西アフリカ、ニジェールは、若者の識字率も世界最低水準。教育機会の喪失や質の低さが背景にあり、教育不足は貧困に直結している。国連児童基金(ユニセフ)の職員は、ニジェール政府や他の国際機関と協力しながら、子どもたちが学ぶ場を広げようと奮闘している。

 (ニジェールで、沢田千秋、写真も)

写真

 ユニセフの「世界子供白書2017」によると、ニジェールの十五〜二十四歳の識字率は、男性が35%、女性が15%で世界最低だった。小学校六年、中学校四年で、六〜十六歳の計十年間が義務教育だが、学校に行くのは全体の五割。しかも、小学校卒業時の国語、算数の試験で学力基準を満たすのは、わずか8%だ。

 原因の一端は教師の質の低さ。全国の教員七万二千人のうち八割は研修学校を出ていない契約教員で、一七年の能力試験の際、百点満点で五十点が取れたのは三分の一しかいなかった。

 教育レベルの低さは政治にも影響している。ユニセフ・ニジェール事務所の渋谷朋子・教育担当チーフは「官僚のやる気があっても能力が低い。視点のずれや分析の甘さ、非効率があり、百万ドルで収まる事業が百五十万ドルかかるという状況。国民の大半が無学のため、国の無力化にもつながっている」と指摘する。

ニジェールで活動を続ける渋谷朋子さん(右)らユニセフの職員=同州で

写真

 ニジェールの義務教育の現状では、子どもがいったん学校に行かなくなってしまうと、学力が追いつかず、年齢の制限もあるため、復学は難しい。そこで、ユニセフは学校以外で再び学ぶチャンスを提供する代替的教育施設(CEA)の建設を推進。教育省や国際協力機構(JICA)と協力し、教材の提供、教員の養成などを行っている。

 南部ザンデール州では施設三十カ所を開設し、十〜十四歳の九百人が学ぶ。約三十人が参加するタヌートの教室にいたママン・ハサン君(14)は「五年生の時に学校をやめて後悔していた。この勉強の仕方はとても分かりやすい」と笑顔。将来の夢は溶接工という。

 首都ニアメーでは、小学校にタブレット端末を支給し、子どもの学ぶ意欲を促そうとしている。トンディビヤ小では、六年生九十人が三十台を順番に使用し、数字のフランス語表記を当てるクイズなど、楽しんで学べるよう工夫。子どもたちは先生が質問すると「ムア・マダム(先生、私に)」と声を張り上げて指を鳴らし、われ先に答えようと猛アピールしていた。

 ニジェールでは、人口爆発を助長し、教育の機会を奪っている児童婚も大きな問題だ。ユニセフは住民と協力し、ザンデール州内に約二百五十の子ども保護委員会を設立。児童婚の健康リスクなどを啓発する劇を披露している。

15歳のザバディヤさん(中)は結婚のため昨年、学校をやめさせられたが、母親(右)らと父親(左)を説得し、結婚を断り復学できることになった=ザンデール州ドゴ村で

写真

 ドゴ村では、十五歳のザバディヤ・アブドゥルカリさんが結婚のため学校をやめさせられたが、村の委員会に相談し、母親と一緒に父親を説得。復学が決まった。

 「勉強を続け学校を卒業して先生になりたい」と言うザバディヤさんを母サデ・ガンボさん(38)は味方した。子ども八人を産んだ母は「娘には教育の恩恵を受けてほしい。私は学校に行けなかった。今でも行きたい」と、陽気に笑った。

 ニジェールを視察したユニセフ・アジア親善大使のアグネス・チャンさん(64)は「ユニセフの現地スタッフは、住民と痛みや誇りを共にし、必死にやっている。つらいこともいっぱい見ただろう」とねぎらった。

 日本人にできることは何か。ユニセフ・ニジェール事務所のフェリシテ・チビンダ所長は言う。「発展の過程にあった国のビジョンを学びたい。それを今、ニジェールは最も必要としている。必ずしもお金ではなく、国を動かす魂のようなものを教えてほしい」

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報