東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

バンクシー壁画 消された? 英南東部 EU離脱を風刺

バンクシーの壁画が描かれたビル。建物の前に工事用の足場が組まれている=26日、英南東部ドーバーで(AP・共同)

写真

 【ロンドン=共同】英南東部ドーバーで、正体不明の芸術家バンクシーが英国の欧州連合(EU)離脱を風刺してビルの側面に描いた壁画が、白いペンキと工事用の足場で見えない状態になっている。上塗りされたのか、撤去されたのかなど詳細は分かっていない。英PA通信が二十六日、報じた。

 二〇一七年五月に出現した壁画には、EU旗の星の一つを砕いて消そうとする人が描かれ、EU離脱を目指す英国の姿を表現。バンクシーの作品と確認され、約百万ポンド(約一億三千万円)の価値があるといわれた。

 今月二十五日に近くの住人が、絵が見えなくなっているのに気付いた。

 ビルの所有者は以前、壁画の撤去か保存、売却などの方法を考えていると語っていた。足場を組んだ業者は、ビル工事に必要だとの説明を受けただけだと話している。

EUの旗から星の一つを消そうとする作業員を描いた壁画。バンクシーの作品=2017年5月(ゲッティ・共同)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報