東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

韓国の竹島訓練「生産的ではない」 米、異例の批判

 【ワシントン=金杉貴雄】米国務省は二十七日、韓国が実施した島根県・竹島(韓国名・独島(トクト))の防衛訓練について「日本と韓国の最近の対立を考えると、その時期、メッセージ、規模は問題を解決するのに生産的ではない」と批判する声明を発表した。韓国は竹島周辺で過去にも訓練を行っているが、中立的立場をとってきている米国が批判するのは異例だ。

 米国は、韓国が日本政府との軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄を通告したことに「強い失望」を表明している。米国が維持を求めたのに聞き入れられず、反発が出ている。

 韓国海軍が二十五、二十六の両日実施した訓練では、イージス艦が初めて参加するなど規模を例年の約二倍に拡大。軍部隊が島にも上陸したという。日本の輸出規制強化への対抗措置の一環とみられる。日本政府は韓国に「竹島は日本固有の領土。極めて遺憾で中止を求める」と抗議した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報