東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中国が自動車購入規制を緩和 景気刺激 深夜営業後押し

 【北京=共同】中国政府は、自動車の購入規制を緩和するなど消費拡大を促す二十項目の政策を発表した。米中貿易摩擦の長期化で経済が減速する中、内需の刺激で景気をてこ入れする狙い。飲食店やコンビニなどの深夜営業を活発化させることも盛り込んだ。

 中国では大気汚染対策のため、各地でナンバープレートの発給数が制限され、事実上の車の購入規制となっている。貿易摩擦のあおりを受け中国の新車販売は七月まで十三カ月連続で前年水準を下回り、自動車産業を圧迫している。

 二十七日の政府発表は「車消費の潜在力を発揮させるため」に、購入制限の段階的な緩和や撤廃を進めるよう各地方政府に指示した。

 中国では、日本の人気ドラマ「深夜食堂」のタイトルが深夜に営業する飲食店を意味する言葉として定着。中国政府はこれを普及させると説明した。

 深夜営業の飲食店や、二十四時間コンビニの設置拡大に向けた環境整備を求めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報