東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米高官、韓国に更新要求 日韓軍事情報協定「事前警告なし」

 【ワシントン=金杉貴雄】シュライバー米国防次官補(インド太平洋安全保障担当)は二十八日、ワシントン市内で講演し、韓国による日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄決定について「米国の安全保障の利益に悪影響を及ぼす」として、決定を取り消し、更新するよう韓国に要求した。米政府は韓国に協定の維持を求め、破棄決定に「強い懸念と失望」を表明しているが、高官が決定取り消しを明確に求めたのは初めて。

 シュライバー氏は、韓国とは議論はしてきたものの「破棄決定自体について韓国から事前の警告はなかった」と強調。「今回の決定は日本と韓国だけではなく、米国の安全保障の利益にも悪影響を及ぼすと繰り返し文在寅(ムンジェイン)政権に伝えてきた」と明らかにした。日韓両国に対し「問題解決に向けて意味ある対話をするように求める」とも語った。

 エスパー国防長官も同日の記者会見で、激化する日韓対立について「非常に失望したし、今もしている」と懸念を示した。中国や北朝鮮の脅威を指摘し、早期の対立解消を求めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報