東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ボルトン米補佐官解任 トランプ氏、強硬主張に不満

ボルトン米大統領補佐官

写真

 【ワシントン=金杉貴雄】トランプ米大統領は十日、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任したとツイッターで発表した。ボルトン氏が対外政策で強硬路線を主張し続けていたことに不満があったという。最強硬派のボルトン氏が去ることで、対北朝鮮やイランなどの安全保障政策が変化するか注目される。 

 トランプ氏はツイッターで、「私は彼の提案の多くに反対し、政権の他の人も同じだった」と説明し、ボルトン氏が孤立していたと強調。来週後任を任命するとしており、クッパーマン副補佐官が当面代行を務める。

 米メディアによると、後任としてビーガン北朝鮮担当特別代表やマグレガー元米陸軍大佐らの名前が挙がっている。後任が任命されれば、国家安全保障問題担当の大統領補佐官はトランプ政権発足後二年半余りで四人目となり、短期間で交代を繰り返す異例の事態となっている。

 ボルトン氏は前任のマクマスター氏の更迭で昨年四月に就任。北朝鮮やイラン、ベネズエラなどに対する強硬路線をけん引し、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンとの和平協議にも批判的だった。最近では北朝鮮やイランなどとの対話に意欲をみせるトランプ氏が、意見の相違にいら立ちを募らせていたという。

 今月下旬には米ニューヨークで国連総会が開かれ、トランプ氏をはじめ各国首脳や代表が出席するため、米国と北朝鮮やイランとの交渉が進むか関心が高まる。ポンペオ国務長官は十日の記者会見で、ボルトン氏との対立について「何度も意見の不一致があった」と認める一方、ボルトン氏が解任されても「外交政策が変わると考えるべきではない」とも強調した。

 ボルトン氏は、ブッシュ(子)政権で国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)や国連大使を歴任。二〇〇三年のイラク戦争開戦を主導するなど、米国と対立する国には武力行使も辞さない姿勢を示してきた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報