東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝実務協議開催 北朝鮮外務省「数週間以内にも」

 【北京=城内康伸】北朝鮮外務省の米国担当局長は十六日に談話を発表し、非核化などを巡る米朝実務協議について「数週間以内に開かれ得る」と述べた。同時に「わが国の制度の安全を不安にし、発展を妨害する脅威と障害物が除去される時、非核化論議が可能になる」と強調した。朝鮮中央通信が伝えた。協議で米側に体制保証や制裁解除を求める考えを示唆したとみられる。

 談話は「実務協議が良い出会いとなること」に期待を表明。その上で「米国がいかなる代案を持って協議に臨むかによって、朝米は今後、さらに親しくもなり得るし、反対に敵意ばかりを増大させることにもなり得る」とけん制した。

 さらに、同協議が「機会の窓になるか、危機を早めるきっかけとなるかは米国が決めることになる」と述べ、全面的な非核化を要求する米国に方針変更を迫った。

 北朝鮮の崔善姫(チェソンヒ)第一外務次官は今月九日、九月下旬ごろに「米国と包括的な討議をする用意がある」と述べていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報