東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中国教育省、推奨映画にSF作品 大国主義抑え、自己犠牲の物語

 【上海=浅井正智】中国教育省は、小中高校生に観賞を勧める映画の一つに、今年爆発的にヒットした「流浪地球」を選んだ。自己犠牲をいとわない中国人宇宙飛行士が地球の危機を救うストーリーで、中国人の自尊心をくすぐるのに十分。むき出しの大国主義を抑え、SF仕立ての洗練された内容で、国威発揚映画も変化しつつあるようだ。

 推奨映画は教育省と共産党中央宣伝部が毎年、「優秀」と太鼓判を押した十作品余りを選定。中国では映画は教育・宣伝の役割を担い、国策を反映した「主旋律映画」と呼ばれるジャンルもある。昨年、推奨映画に選ばれた「すごいぞ、わが国」は、軍事や宇宙、科学技術で世界一を目指す内容で、典型的な「主旋律映画」だった。

 「流浪地球」は、太陽の終末時期が明らかになり、地球に強力な噴射装置をつけて太陽系を離脱、新たな恒星探しの旅に出る物語。中国初の本格的なSF映画という触れ込みで、中国映画としては史上三位の四十六億元(約七百億円)の興行収入を稼ぎ出した。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報