東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

平和の鐘 世界へ響け 戦後、国連へ日本人寄贈

20日、米ニューヨークの国連本部で、日本が贈った「平和の鐘」を鳴らす国連のグテレス事務総長=共同

写真

 【ニューヨーク=共同】二十一日の国際平和デーを前に、米ニューヨークの国連本部で二十日、日本が贈った「平和の鐘」を鳴らし世界各地の紛争の平和的解決を訴える催しがあり、グテレス事務総長やムハンマドバンデ国連総会議長、日本の別所浩郎(こうろう)国連大使らが参加した。

 グテレス氏は「気候変動が干ばつを起こし、資源争奪の原因となり、テロリストの活動を助長している」と強調し「平和のための気候行動」を訴えた。その後、鐘を一回突いて、国連の中庭に荘厳な音を響かせた。

 催しには国連の「平和の使者」として活躍するバイオリニスト五嶋(ごとう)みどりさん、世界的なチェロ奏者ヨーヨー・マさんも参加した。

 平和の鐘は、太平洋戦争で多くの戦友を失い、後に愛媛県宇和島市長を務めた故中川千代治(ちよじ)さんが、日本が国連に加盟する二年前の一九五四年、国連本部に寄贈。世界六十カ国以上のコインやローマ法王から贈られた金貨などを溶かして造った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報