東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米、サウジへ軍増派承認 イラン中銀に追加制裁

 【ワシントン=金杉貴雄】トランプ米大統領は二十日、サウジアラビアの石油関連施設への攻撃を受け、同国への米軍増派を承認した。対空や対ミサイルの防御能力を強化するという。エスパー国防長官らが記者会見した。米政権は同日、イランの中央銀行に対する追加制裁も発表した。

 国防総省は、増派について「中規模の部隊で基本的に防御的」としたが、具体的内容は明らかにしなかった。サウジ攻撃に関与したとみているイランをけん制する狙いがあるが、現時点では緊張がエスカレートしないようにとどめている。

 一方、米政府は二十日、サウジへの攻撃を受け、イランの中央銀行に追加制裁を科した。米国の金融システムへのアクセスが遮断されるとしている。

 トランプ氏は同日、記者団に「これまでで最大の制裁だ」と強調。軍事攻撃の可能性については「常に準備はできている」と述べる一方、「攻撃命令は簡単だが、抑制する方がより一層強さが際立つ」とも指摘。当面制裁による圧力強化を図っていく考えを示した。

 米財務省によると、イラン中央銀行は、イランの精鋭軍事組織「革命防衛隊」と、その対外工作を担う「コッズ部隊」、レバノンを拠点とする親イランのイスラム教シーア派組織ヒズボラに「何十億ドルの資金を供与してきた」と指摘。

 ムニューシン財務長官は「われわれは最大限の圧力を続ける。中銀はイランの最後の資金源で、これを絶つことにより革命防衛隊などに資金が流れなくなる」と強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報