東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

核廃絶署名1000万筆 被爆者団体が国連提出

11日、米ニューヨークの国連本部で、国連総会第一委員会のヨレンティ議長(左)と中満泉・国連事務次長(中)に署名の目録を手渡す被団協の藤森俊希事務局次長=赤川肇撮影

写真

 【ニューヨーク=赤川肇】日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の藤森俊希事務局次長(75)=長野県茅野市=が十一日、ニューヨークの国連本部を訪れ、核兵器廃絶などを訴える千五十一万七千八百七十二筆の署名目録を国連総会第一委員会(軍縮)のヨレンティ議長らに手渡した。

 署名活動は、二〇一七年に採択された核兵器禁止条約の署名、批准を各国に求め、核廃絶を目指す「ヒバクシャ国際署名」として、被団協などでつくる連絡会が一六年に開始。二年半掛かりで一千万筆を超えた。

 核禁条約の批准国は現在三十二カ国で、あと十八カ国が加われば発効する。一歳の時に広島で被爆した藤森さんは「早く実現させたい。一生懸命に署名活動をやるので、よろしくお願いします」と目録を託した。

 既に核禁条約を批准した南米ボリビアの国連大使でもあるヨレンティ氏は「私は広島で被爆者と会い、本では分からない本当の被害を実感した。われわれは核兵器の廃絶を目指すべきで、自国の批准を誇りに思う」と自らも署名に応じた。

 米国やロシアなどが核戦力増強の動きを見せる中、同席した国連軍縮担当上級代表の中満泉事務次長は、核軍縮を巡る現状に「むしろ逆方向」と厳しい認識を示した上で、「だからこそ軍縮の声が重要」と署名活動への謝意を強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報