東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

豪主要紙、一斉に1面黒塗り記事 報道の自由制限へ抗議

21日、ほとんどの単語が黒く塗りつぶされたオーストラリアの主要新聞=AP・共同

写真

 【シドニー=共同】オーストラリアの主要新聞は二十一日、ほとんどの単語が黒く塗りつぶされた記事や文書をそろって一面に掲載した。調査報道を巡り公共放送が警察の家宅捜索を受けるなど「報道の自由が脅かされている」として、新聞発行メディアの垣根を越えた抗議キャンペーンの一環。

 各紙は「政府があなたから真実を遠ざけるとき、何を隠しているのか?」との見出しで「知る権利」の重要性を訴えた。一方、黒塗りされていない単語をつなげると「税務署は国民の口座から直接金を引き出すことができる。しかしあなたは知ることを許されていない」などのメッセージが読み取れる。

 全国紙オーストラリアンを発行する同国のニューズコープのミラー会長は「国民は、何が起こっているか知る権利を制限したがる政府に常に疑念を抱くべきだ」とコメントしている。

 オーストラリアでは六月、アフガニスタンでのオーストラリア軍の民間人殺害などに関する調査報道を巡り機密資料を公表した疑いがあるとして、連邦警察が最大都市シドニーにある公共放送、オーストラリア放送協会を家宅捜索した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報