東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

香港 重体の男性死亡 デモ衝突、れんが頭に直撃

15日、道路上に障害物やバリケードが置かれ、散乱している香港理工大付近=共同

写真

 【上海=浅井正智】香港で十三日にあった抗議活動に伴う市民らの衝突で、頭にれんがが当たり重体になっていた七十歳の男性が十四日夜、死亡した。一連の抗議活動に絡んだ死者は二人目とみられる。

 男性は、新界地区の住宅街で十三日午後、交通妨害をするデモ隊とそれに反対する市民が衝突した現場におり、投げられたれんがが頭に直撃。意識不明の重体となっていた。

 香港では、他にも十五歳の少年が重体となっている。抗議活動中に、警官が放った催涙弾が頭を直撃した疑いが持たれている。

 一方、中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席は十四日、ブラジルでの新興五カ国(BRICS)首脳会議で、「香港当局が法に基づき、暴力犯罪分子を処罰することを断固支持する」と述べ、徹底した取り締まりの必要性を強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報