東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

GSOMIA破棄「日本と情報共有難しい」 韓国、立場崩さず

 【ソウル=中村彰宏】エスパー米国防長官は十五日、ソウルで韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領、鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相とそれぞれ会談し、二十三日に失効が迫る軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)を維持するよう求めた。米韓は協定の重要性では一致したが、韓国側は日本による輸出管理強化の撤回が条件とする従来の立場を崩さなかった。

 エスパー氏は米韓の定例安保協議後に鄭氏と会見し、「GSOMIAは、日米韓が効果的に情報を共有するために重要」と強調。「失効で得をするのは中国と北朝鮮」とした上で「共通の脅威に対応できるように、関係を正常な軌道に戻すよう努力をすべきだ」と破棄の再考を促した。

 韓国大統領府によると、文氏は会談で「安保上、信頼できないとの理由で輸出管理を強化した日本と軍事情報の共有は難しい」との立場を説明。エスパー氏は「この事案が円滑に解決されるように、日本側にも努力するよう要請する」と述べたという。

 鄭氏も会見で、「GSOMIAが維持されればいいというのが基本的な考えだ」としつつも、問題の原因は日本の輸出管理強化にあるとして撤回を求めた。

 日韓両政府は、GSOMIA問題を協議するため、バンコクで十六日から開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大国防相会議に合わせ、河野太郎防衛相と鄭氏の会談を調整しているが、歩み寄りは難しい状況だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報