東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「中東全ての国 非核化会議に」 国連総長、参加呼び掛け

 【ニューヨーク=共同】国連のグテレス事務総長は、十八日に開幕した中東非大量破壊兵器(WMD)地帯構想の実現を目指す国際会議の冒頭で演説し「中東情勢は全世界にとって深刻な懸念材料だ」と指摘し「会議が、中東の全ての国が参加できる非排他的なプロセスの出発点となることを望む」と呼び掛けた。

 会議の焦点は中東唯一の核兵器保有国とされるイスラエルの非核化だが、同国と後ろ盾の米国は会議を欠席。議場には両国の席も確保されたが、空席のままだった。会議は二十二日まで。

 グテレス氏は、一九六二年のキューバ危機の数週間後に「中南米非核地帯」が会議で提案され「冷戦期の緊張関係にもかかわらず」数年後に樹立された例に触れ「中東非WMD地帯に関する真剣な議論が中東各国の安全保障に関する直接対話の機会となる」と訴えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報