東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

死刑執行を差し止め 米連邦高裁 トランプ政権上訴

 【ワシントン=共同】米首都ワシントンの連邦高裁は二日、連邦レベルの死刑執行を十六年ぶりに再開するとしたトランプ政権の方針に基づき今月九日から予定されていた死刑囚四人の死刑執行を差し止める判断を下した。使用する薬物に関する法的争いが解決するまで再開すべきでないとした十月の下級審の判断を支持した。米メディアが伝えた。

 トランプ政権は二日、判断を不服として最高裁に上訴した。

 米国には連邦レベルと半数以上の州に死刑制度がある。使用する薬物の効果を疑問視する声を受け、連邦レベルでは二〇〇三年を最後に執行されていなかったが、司法省は今年七月、使用薬物の見直し作業を終えたとして再開を発表。子どもを殺害するなどした死刑囚五人について今月〜来年一月に執行するとしていた。

 対象となった死刑囚五人は執行差し止めを求めて提訴。今回対象となった四人とは別にもう一人も十月、別の訴訟で執行停止の判断が出ている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報