東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

グレタさん欧州到着 大西洋再横断 COP25出席

3日、大西洋を横断、ポルトガルのリスボンに到着したグレタ・トゥンベリさん=ロイター・共同

写真

 【パリ=竹田佳彦】スペインの首都マドリードで開催中の国連気候変動枠組み条約第二十五回締約国会議(COP25)に参加するため、米国からヨットで大西洋を横断していた環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)が三日、三週間の航海を終えてポルトガルの首都リスボンに到着した。

 港でリスボン市長に出迎えられたグレタさんは、集まった活動家らを前に「立ち止まらず、できることを続ける。世界を回り、気候変動対策を最優先にするよう権力者に圧力を加え続ける」と語った。十一月十三日に米東海岸バージニア州を出航後、ちょうど三週間だった。

 グレタさんはリスボンに数日間滞在した後でマドリードへ移動。六日には学生・生徒らが学校を休んで政府に気候変動対策を訴えるデモ「未来のための金曜日(FFF)」に参加する。

 スウェーデン人のグレタさんは二〇一八年、一人でFFFを始めたことで知られる。移動では大量の温室効果ガスを排出するとして航空機を拒否。陸路は電車や電気自動車(EV)を利用している。

 支援者のヨットで八月に米国へ渡っていたグレタさんは、別の支援者のヨットで再び大西洋横断に挑んでいた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報