東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

日本に「化石賞」 石炭火力発電の推進「地球を破壊」

 【マドリード=共同】世界の環境団体でつくる「気候行動ネットワーク」は三日、地球温暖化対策に後ろ向きな姿勢を示した国に贈る「化石賞」に日本など三カ国を選んだと発表した。日本は、梶山弘志経済産業相が同日の閣議後記者会見で、二酸化炭素(CO2)の排出が特に多く、温暖化を悪化させる石炭火力発電の利用を続ける政府方針を改めて示したのが理由。

 スペイン・マドリードでの気候変動枠組み条約第二十五回締約国会議(COP25)の会場で発表した。同ネットワークは、世界は脱石炭にかじを切りつつあると指摘し、日本の方針は「パリ協定を軽視し、地球を破壊して人々を危険にさらすものだ」と厳しく批判した。

 化石賞は会期中にほぼ毎日発表される。三日が最初の発表で日本は不名誉な出だしとなった。

 梶山氏は記者会見で「国内も含めて石炭火力発電、化石燃料を使う発電所は選択肢として残しておきたい」などと発言した。

 温暖化は加速しており、対策を大幅に強化しなければ異常気象の頻発など深刻な被害が生じるとみられている。石炭火力発電への風当たりは強く、国連は先月の報告書で日本に対し、新設をやめ、既存のものは段階的に廃止するよう促した。

 ほかに受賞したのはブラジルとオーストラリアで、大規模な森林火災への対応の悪さを指摘された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報