東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北朝鮮再び「重大実験」 ICBM関連か 「核抑止力」言及

 【ソウル=境田未緒】北朝鮮の国防科学院報道官は十四日、北西部・東倉里(トンチャンリ)の「西海(ソヘ)衛星発射場」で十三日夜に「重大な実験」を再び実施したと発表した。朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮は七日にも同じ発射場で「重大な実験」をしており、大陸間弾道ミサイル(ICBM)などのエンジン燃焼実験をした可能性が指摘されているが、今回は「核抑止力」にも言及し、軍事挑発を一段と強めた。

 十三日の実験は午後十時四十一〜四十八分(日本時間同)に行われたという。発表によると、国防科学者らが現地で「党中央」の熱い祝賀を受けたという。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が視察したかどうかは触れていない。報道官は実験の詳細な内容を説明していないが「われわれが続けざまに成し遂げている国防科学の研究成果は共和国の戦略的核戦争抑止力をより一層強化するため適用される」と表明し、核関連技術開発の再開の可能性も示唆した。

 北朝鮮が米国との非核化交渉の期限とする年末が迫っている。米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が十五〜十九日に韓国と日本の訪問を予定しており、北朝鮮の実験は米国に譲歩を求める狙いがあるとみられる。

 韓国国防省は十四日「韓米は緊密に連携し、東倉里などの活動を綿密に監視している」との談話を出した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報