東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

新型肺炎 中国また死者 2人目、武漢で69歳男性

 【武漢=共同】中国湖北省武漢市当局は十六日夜、新型コロナウイルスによる肺炎で男性(69)が十五日に死亡したと発表した。死者は二人目。武漢では十七日、発症者の多くが出入りしていたとされる海鮮市場の閉鎖が続いていた。国際空港は通常通り航空便が発着していたが、マスクを着けた人も見られた。

 当局によると、男性は昨年十二月三十一日に発症し、今月四日に病状が悪化した。市内の病院に入院して治療を受けていたが、深刻な心筋炎を患っており、胸水や、胸膜の肥大などが確認された。十五日未明に死亡した。

 当局は十五日時点で四十一人の発症者数は変わらず、重症は五人で、十二人が退院したと明らかにした。

 濃厚接触者は七百六十三人に上り、そのうち百十九人に対し医学的な観察を続けている。濃厚接触者の中で関連の症例は見つかっていない。

 新型コロナウイルスによる肺炎を巡っては、日本も十六日、武漢市に滞在歴がある三十代の中国人男性が発症していたと発表した。

 中国では春節(旧正月)に伴う大型連休が二十四日から始まり、多くの人が海外旅行に出掛ける。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報